株式会社 一六社

札幌でイモビライザ―キ―の事ならカギの救急車にお任せ

since20111226 

見積無料
お問い合わせは
お気軽に!!

札幌でイモビライザーキーの事ならカギの救急車へ

札幌のイモビライザー対応店。鍵開け、鍵作成。24時間受付。見積無料。

※一部対応していない車種もあります。鍵の救急車西店へお電話にてお問合わせください。

イモビライザーとは?

自動車やバイクの盗難防止のセキュリティーのことを言います

イモビライザーとは、キーに入っている電子チップ(トランスポンダー)に記録したIDを車体側で照合し、そのIDでなければエンジンを始動することができないシステムです。

従来は、キーの刻みを合わせる物理的な仕組みでした。イモビライザー搭載車は電子チップ(トランスポンダー)のID登録が必要となる為、車両盗難防止に効果があります。

ヨーロッパでは1997年から新車への取り付けが義務化されていて、日本でもトヨタ自動車や日産自動車などで、高級乗用車から装備が広がり、現在では軽自動車やミニバンなどにも標準装備されている場合が多くあります。
※トランスポンダーの入っていないキーでも車両のドアの開閉は出来る為、車上荒らしに効果はありません。

電子チップ(トランスポンダー)は通常、キーのヘッド部分に埋め込まれていて、キーの外見からは、トランスポンダー入りキーかどうかは判断することはできません。

イモビライザー搭載車の多くは、お車のフロント部分や窓ガラス等にイモビライザーのマークがあり、マークのある場所やデザインはメーカー、車種によって異なります。お車のフロント部分にあるインジケーターは、イグニッションにキーをさしていない状態では点灯または点滅、登録されたキーをさすと消灯するものが一般的で、鍵のマークや「Security」などと表示されています。
※インジケーターランプが無い車種もあり、無いからと言ってイモビライザーを装着していないとは限りません。ご注意ください。

※イモビライザーキーについて不明点は、店頭や鍵の救急車西店へお電話にてお問合わせを

イモビライザーキー作製価格の目安

作製料金や作業時間はメーカー、車種、年式、キーのタイプ等により異なります。詳しくはカギの救急車西店へお問合わせください。

合鍵作製 紛失キー作製
※店舗へお持込された場合の料金
※出張工事の場合の料金

札幌市・小樽市は見積無料。夜間や早朝の作業は割増料金。遠方地への出張工事の場合、別途遠方出張費が掛かる場合があります。

イモビライザー搭載車のキーを作製する場合、トランスポンダーの登録が必要です。

トランスポンダーの種類は、メーカー・車種・年式により様々で、車種だけでは判断できない場合もあります。場合によっては車両確認させて頂き、お見積りさせて頂く場合もあります。また、在庫状況によってはブランクキー(キーの元になるもの)を取寄せとなり、即日お作り出来ない場合もありますので、ご了承ください。

カギの救急車西店

〒063-0002
札幌市西区山の手2条1丁目4-1

札幌のイモビライザー対応店

鍵開け、鍵作成。24時間受付。見積無料。


カギの救急車西店電話番号
Copyright © カギの救急車All Rights Reserved.